【篠栗町から新宮町への引っ越し】引っ越しと併せて不用品の処分もお願いしました

福岡引越センターの柿坂です。

篠栗町から新宮町に引っ越しをしたお客様より声をいただきましたのでご紹介いたします。

 

 

----- ここから -----

 

50代の男性です。

新宮町のマンション購入を機に、篠栗町に住んでいる母を呼び寄せることにしました。
篠栗町にある実家は、更地にして土地を売る予定です。

今回は、母の引越と併せて実家にある不用品の処分もお願いしました。
新宮町から篠栗町までは車で30分ほどですが、私は車を持っていないため、荷物を運ぶのは無理。

共働きなので、仕事が休みの時にしか荷造りの手伝いをすることができません。

 

高齢の母は、重い物を運ぶことができませんし、週末に手伝いに行くと荷造りもしないでアルバムを見たりしているので捗りません。

 

引越しはいつでも良かったので、オフシーズンの平日に決め、引越し一括サイトで見積もりを依頼しました。

すると、翌日から仕事中にもかかわらず営業電話がバンバンかかってきました。
確か、18時以降に連絡希望と記入したはずなのに、しつこいなあと閉口したことを覚えています。
テレビのCMなどで見たことのある有名業者なら安心だろうと思っていましたが、しつこい営業電話をするところだったと判ると利用したくなくなりました。

 

どの引越し業者がベストなのか改めて検討していた時、同僚の息子さんが進学のために引越しで利用した福岡引越センターがとても良かったと聞きました。

聞いたことのない業者名でしたが、とても良心的だったということだったのでメール見積もりをしました。

返事はすぐに返ってきましたが、しつこい営業電話はありませんでした。

費用も大手業者と比較すると安かったです。

 

有給が1日しか取れなかったので、梱包は私達だけでは不可能と判断し、プランはらくらくBコースに。

当日は、なるべく早く篠栗町の実家に行き、梱包作業を手伝いましたが押し入れの天袋を開けると色々な物がぎっしり入っているなど、梱包が追い付かない有様でした。

作業員の方が来てからは、手際よく作業が進み驚きました。

半面「これはどうされますか?」とどんな物でも聞いてくれるので、思い出のある品物とそうでない物を選り分けることができました。

 

不要な家具や家電も、外に運び出すのは素人では大変だったと思いますが、作業員の方のお陰で無事に処分できてホッとしました。

1日で家の中をカラにすることができるとは思っても見ませんでした。

新宮町のマンションに到着してからも、共用部分に養生シートを貼るなどの気遣いが良かったです。

住み慣れた実家を離れるのは寂しいと言っていた母ですが、引越しを機に笑顔が増えました。

広告 福岡