【福岡から宮崎への引っ越し】同居のための引っ越し。ゴミ屋敷の片付けもお任せ!

福岡引越センターの柿坂です。

福岡から宮崎に引っ越しをしたお客様より声をいただきましたのでご紹介いたします。

 

----- ここから -----

 

高齢の母を呼び寄せて同居するため、福岡引越センターを利用しました。

 

母の住む実家は、ちょっとしたゴミ屋敷状態になっていました。

散歩する度に落ちているゴミを拾ってきて、庭や家の中に積み上げていたようです。

 

父が病死して、同居を提案していましたが、まだ元気だからと硬くなく一人暮らしをしてきた母ですが、数年前から様子がおかしくなってきました。

家族会議で母と同居することを決めてからは、週末に車で実家に行ってゴミを処分していたのですが、翌週にはまたゴミが増えている感じで、引越し以前にゴミ処理が捗らない状況に困っていたんです。

小さな子供がいるので、あまり身動きがとれないという事情や夫が仕事から帰ってくるのが遅いということもあり一人で焦っていました。

 

福岡引越センターでは、ゴミ屋敷の対応も可能だったので引越しと併せてゴミの処理もお願いしました。

「ゴミ屋敷なんですけどお願いできますか?」と聞くのは正直恥ずかしかったです。

ですが、電話に出てくれた方は、「大丈夫ですよ!」と快い返事をしてくれたのでホッとしました。

 

引越し当日は、ゴミを処分するところを見られると母が怒ることが予想できたので、母を先に車で宮崎の家に連れて行きました。

 

かなりのゴミだったので、1日で処分するのは無理なんじゃないかと思っていましたが、3時間ほどでゴミが片付き近所の方もびっくりしていました。

立て続けに引越しの作業と不用品の処分も行って下さって、重労働だった思います。

ですが、スタッフさんは皆さん元気に作業されていたので、本当に頼んで良かったです。

 

引越しついでに亡くなった父の遺品整理もすることができて、私の心も整理できました。

必要な荷物は、あっという間にトラックに積み込まれ速やかに宮崎県に向かってくれました。

 

宮崎の家は、1年前に建てた戸建てです。

柱などに傷が付かないように養生シートで保護して下さったので、引越し作業による傷などのダメージの心配は全くありませんでした。

母は、大切な荷物がすぐに届き通常通りの生活ができて安心してくれました。

 

引っ越す前はギスギスしていた母でしたが、引越しで家族と同居するようになってからは、孫と遊ぶのが楽しいようで明るくなりました。

長年、母を一人にしてしまったので、孤独になり周囲に当たったりゴミを収集していたのでしょう。

福岡引越センターさんには、引越し作業以外の面倒な作業も引き受けて下さったお陰で、家族一同とても感謝しています。

広告 福岡