【福岡市東区から長崎県に引っ越し】業者の中で一番費用が安く、段ボールも無料提供!

福岡引越センターの柿坂です。

福岡市東区から長崎県に引っ越ししたお客様から声をいただきましたのでご紹介いたします。

 

 

----- ここから -----

 

福岡市東区から転勤のため長崎県に引越しをした独身の看護士です。

看護士になって5年目で初の転勤です。

勤務している医療法人施設のグループ内転勤なのですが、仕事が不規則で引越し業者が見つからず焦っていました。

 

最近は、引越し業者の悪いニュースを目にすることが増え、大手でも安心して引越しを頼めないですよね。

どの業者にしようか迷っていた時、先輩ナースから福岡引越センターのことを聞きメール見積もりをすることに。

営業電話やメールが頻繁に来たら面倒だなあ、と思っていたらこちらが指定した時間帯に電話がかかってきて、とても感じのいい説明をしてくれました。

 

荷造り、荷解き、室内の清掃など全てお任せする場合の費用を尋ねると、私が調べた引越し業者の中で一番費用が安かったですね。

実際に見積もりに来てもらって、改めて幾らになるか見積もりを出してもらうと、フリータイム特割プランの利用で少し安くなりました。

 

それに、無料で提供してくれた段ボールは、厚みがあってしっかりしていました。

以前、他社で引越しをした時に貰った段ボールは、へたりやすく本をたくさん詰めると底が抜けたことがあったので、これは良かったですね。

 

衣類など見られたり触られたくないものは、やっぱり自分で梱包しようかと覚悟していましたが、タンスに入ったままで運べると聞いて安心しました。

ハンガーに掛けているコートやワンピースなど丈の長い衣類もハンガーボックスにそのまま収納できるのも便利で良かったです。

 

仕事は、前日まで普通にシフトが入っていたのですが、福岡引越センターのスタッフさんが当日、手際よく作業して下さったので、私は殆ど何もしなくて済みました。

ごちゃごちゃしている台所用品や、使いかけの食材なども丁寧に梱包して下さって助かりました。

移転元の清掃もしっかり行ってもらえたので、引渡しの時に必要以上の請求が発生することもありませんでした。

 

引越し先でも私の指示通りに家具や家電を配置して、梱包していた食器や本などをサクサク元の位置に収納し、私は何もする必要がありませんでした。

段ボールは、帰りに回収してもらったので部屋の隅にいつまでも段ボールが置いてあるだらしない状態を避けられて良かったです。

 

引越しが終わったら、近所のスーパーに買い出しに行ったり、マンションの入居者に挨拶回りをしに行くなど、色々な用事を済ませることができました。

疲労感もなく、着いたその日から普通の暮らしができるのは最高だと思います。

広告 福岡