【福岡市から香川県への引っ越し】巨大な食器棚の対応で契約しようと思いました

福岡引越センターの柿坂です。

福岡市中央区から香川県へ引っ越しをしたお客様から声をいただきましたので、ご紹介いたします。

 

 

----- ここから -----

 

転勤のため、福岡市中央区から香川県に引越しする時に、福岡引越センターのお世話になりました。


陶芸が趣味なので、自宅には自作の陶芸作品や、旅先などで購入した食器がたくさんあります。

そのため、家には一人暮らしには大き過ぎる天井に届きそうな食器棚があり、これは2分割することが可能です。

それでも、かなり大型だったので、トラックに入るのか心配でした。

 

それに、移転先の室内に入れることができなかったらどうしようという不安も。

見積もりに来た方は、メジャーで食器棚のサイズを測り、トラックには入ることをすぐに教えてくれました。

 

前日に見積もりに来た他業者の方は、「大きい棚ですね」を連呼するだけで具体的な行動には移そうとしませんでした。

さらに福岡引越センターの営業の方は、万が一、引越し先に食器棚が入らなかった場合は、倉庫に一時預かりにするか、不用品として処分することが可能であるといった選択肢の提案もしてくれました。

 

また、食器を梱包するための段ボール50枚も無料で用意してくれるということだったので契約することに。

因みに、梱包は自分で行ったのですが、「食器は縦に収納した方が壊れにくいですよ」と教えてくれる気遣いも見せてくれました。

 

それから、自家用車をどうやって移動するかについてもすぐに解決できました。

長距離の運転をしたことがないため、不安に思っていましたが、車の陸送サービスがあると聞き、ホッとしました。

他にも、移転先では陶芸用の小さな窯を設置するため色々相談に乗ってもらい助かりました。

 

引越し当日は、午前9時から搬出作業を行いました。

荷物をトラックに積み終えたら、私は飛行で一足先に引越し先に移動。

夜6時過ぎにトラックが到着して、薄暗い中黙々と荷物を運んでくれました。

 

食器が入っている段ボールを開封すると1枚も割れていませんでした。

空いた段ボールは、畳んで回収してくれたので、引越し日から部屋を広く使うことができて良かったです。

自家用車も、傷が付いてしまうこともなく無事に陸送してもらえました。

 

私は、特に重い荷物を運んだりしていなかったのに、引越し作業が終わるとどっと疲れてしまいましたが、スタッフさんはこれから福岡市までトンボ帰りをすると聞き、「タフだなあ」とびっくり。

最後まで元気溌剌な様子で作業してくれたので、とてもいい気分で引越しすることができました。

ご近所の方も、「ニコニコして感じのいい業者さんね」と言っていました。

広告 福岡