【福岡市城南区から大分県に引越】対応がしっかりしていて、費用も安かったので決めました!

福岡引越センターの柿坂です。

福岡市城南区から単身赴任で大分県に引越をした方からお客様の声をいただきましたのでご紹介いたします。

 

----- ここから -----

 

福岡市城南区から大分県に転勤のため単身で引越しをしました。

城南区に戸建てを建てたばかりだったのと、子供の進学のこともあり、単身赴任することに、車で2時間ほどで帰れる距離なので週末には家族で過ごせそうです。

 

今回、複数の業者に見積もりを出してもらいましたが「今決めてもらったらこの値段にしますよ」といった煽り系の営業を排除していった結果、福岡引越センターが最終候補に残りました。

知名度の低い業者って大丈夫なのか心配でしたが、対応がしっかりしていて、費用も安かったので決めました。

 

荷物は、少ない方ですが仕事関係で使う本などの資料が膨大にあり、大型の本棚を持って行く必要がありました。

荷物は、費用を節約するために自分で梱包と荷解きをすることに。

引越し当日は、家族で事前に荷物をできるだけ外に出しておいたので、短時間で搬入が完了しました。

 

引越し先に到着すると、荷物を運び出す前に養生シートで壁や床を保護してくれました。

入居早々、建物の共有スペースに傷を付けて迷惑をかけてしまう心配が払拭され、管理人や入居者の方にも安心してもらえたと思います。

エントランスは広いのですが、エレベーターが付いていないマンションで、階段が若干急で切り回しが困難な踊り場となっていました。

 

背の高い本棚は、玄関からの搬入が困難だったため、ベランダから搬入となりました。

家具に傷が付かないように養生カバーで保護。

住宅のサッシや壁面にも養生シートで保護し、建物に傷が付かないように十分な配慮をしてくれました。

作業員の方は、万が一の事故に備えてヘルメットを被るなど、細心の注意を払っていましたよ。

 

箪笥の中身は、そのままでOKだったため、衣類を段ボールに詰めることなく運べました。

箪笥は、養生カバーで覆うだけでなく、ロープを掛けて運ぶので、何かの拍子で引き出しが飛び出してしまう心配はありませんでした。

新居の室内は、傷の付きやすいクッションフロアなので、重たい家具を少しでも引きずると跡が付いてしまいます。

作業員の方は、絶妙なチームワークで荷物を引きずることなく軽々と運んでいました。

 

作業が終わった後、養生カバーで保護した壁面や床を見ましたが、テープの跡は付いておらず「流石プロだな」と思いました。

荷物も予め段ボールに書いておいた通りの場所に運んでもらうことができたので、すぐに使いたいものを探す時に楽でした。スムーズな引越しができて助かりました。

広告 福岡