【福岡市東区から愛媛県に引っ越し】ゴミ屋敷化していた引っ越し元もきれいに清掃

福岡引越センターの柿坂です。

福岡市東区から愛媛県に引っ越ししたお客様から喜びの声をいただいたのでご紹介いたします。

 

----- ここから -----

 

福岡市東区から転勤のため愛媛県に引っ越しした際に福岡引越センターさんを利用しました。

 

恥ずかしい話なのですが、引っ越し元のアパートは、ゴミ屋敷になりかけている状態でした。

室内には、空の缶ビールが散乱、コンビニ弁当の蓋や脱ぎ捨てた衣類が床に所狭しと落ちていました。

一人では収拾がつかない反面、引っ越し業者に依頼すると費用が物凄くかかるんじゃないかと不安に。

 

福岡引越センターでは、室内の清掃も請け負っていると聞いたので、思い切って見積もりをお願いしました。

見積もりに来てくれた方は、室内の現状回復も可能な範囲で行いますよ、と言ってくれたのでホッとしました。

 

当日は、スタッフの方が大きなゴミ袋を持って、資源ゴミ、不燃ゴミ、可燃ゴミとに手分けをして室内清掃から始めてくれました。

ゴミは、後日処分してくれるとのことで、ゴミの日を気にする必要がありません。

 

内心、1日で清掃と引っ越しが終わるのか不審に思っていましたが、午前中に始めた清掃は昼前に完了。

お昼から荷物を詰め込み、午後1時にはトラックに荷物を全て詰め終えていました。

 

心配していた室内の汚れは、見事に取れてきれいな状態に。

管理会社の人から余分な清掃代を請求されることはありませんでした。

 

私は、飛行機で移動し一足先に引っ越し先に到着。

先に室内を清掃したり、窓にカーテンを掛けたりして待機していました。

 

夜7時過ぎ、トラックが到着し休む間もなくスタッフの方が荷物を運んでくれました。

引越し先のアパートは、古い建物でしたが丁寧に養生シートで階段などをカバーするなど丁寧な仕事ぶりでした。

また、日が暮れて暗くなった中で、どこにも荷物をぶつけずに運んでくれたので、頭が下がる思いです。

 

引っ越しは何度か経験していますが、引越し後に冷蔵や洗濯機をどこかにぶつけて凹みができていることがあって嫌な思いをしたことが度々ありました。

ですが、こちらではしっかり養生カバーで家具や家電をくるんだ状態で運んでくれるので、ダメージなしでした。

特に、衣類は衣装ケースに養生カバーを被せてそのままで運べるので、梱包の手間がかからなくて良かったです。

 

引っ越し作業が終わると疲れているはずなのに、また6時間かけて福岡市に戻ると聞き、大変なお仕事だなとつくづく思いました。

そして、費用が安いだけでなく、心のこもったサービスを受けることができて感激です。

新しい住まいでは、気持ちを入れ替えてゴミを溜めないようにします。

広告 福岡