【福岡市東区から岡山県への引っ越し】3月末は30万円超えが当たり前?いいえ、当社は違います!

福岡引越センターの柿坂です。

お客様の声をご紹介させていたただきます。

転勤で福岡市東区から岡山県に引っ越しする方の声です。

 

--- ここから ---

 

転勤で、福岡市東区から岡山県に引っ越すことになったのですが、一括見積もりサイトを利用したところ、3月末に引っ越ししようと思ったら費用が30万円を超える業者ばかり。

梱包は自分でやるなどなるべく費用がかからないようにしても繁忙期ということで、どこも強気の価格設定でした。

 

しかも、一括見積もりサイトなのに、連絡が来たのは大手4社のみ。

引っ越しは慣れていますが、仕事が引越しギリギリまで忙しい状況だったので、できれば梱包と開封もお願いしたいけど、費用を抑えたいのでどうしようかと悩んでいました。

 

一先ず、大手引っ越し業者に見積もりに来てもらったら、何だか派手な雰囲気の営業が来たので「え?」っと内心驚きました。

私的には、引っ越し業者といえば、体力勝負で頑張っているイメージがあるので、痩せ型でスーツを着た男性が来るというのはどうなのかと思ったんです。

 

「この人、現場で働いたことないんだな」そう思っていると、「お話させて頂いてもよろしいですか」と、勝手にソファにどっかりと腰を下ろしたんです。

しかも、見積もりを提示する前に、うちの会社は業界ナンバーワンなんですよ、といった話を長々とするんです。

 

更に、事務所に電話をして「この日、丁度空いてました!」と勝手に話を進めようとする訳です。

いくら大手でもこれはダメだな。

そう思い後日、丁重にお断りしました。

 

その点、福岡引越センターの見積もりに来て下さった方は、作業着を着た方で現場のことを理解されている感じがしました。

見積もりを提示してもらう時も、通常価格から費用を抑えたい場合の様々な方法があることを丁寧に教えてくれたので、信頼することができました。

 

荷物は、1回で積むことができなかったのですが、2回に分けて運ぶことができたので、希望通り3月末までに引っ越すことが可能に。

2回目の荷物は、一旦貸倉庫に入れておきました。

 

それから、不要になった家具や家電の処分の対応もしてくれたので、忙しいさ中に不用品の処分をする手間が省けました。

移転元の清掃もお願いしたのですが、現状維持ができていると言われ、余分な退去費用は発生しませんでした。

 

引っ越し先でも、エレベーターや廊下を養生シートでカバーして、迷惑がかからないように作業してくれましたし、細かいところにも気が付いていました。

スタッフの方は、シーズン中に雇われたアルバイトではなく、経験を積んだ方ばかりでとても良かったです。

広告 福岡