【久山町から山形市に引越し】引越しと同時に遺品整理も可能です

福岡引越センターの柿坂です。
お客様の声をご紹介させていたただきます。

 

3月に、認知症の研究で有名な久山町から、米沢牛で有名な山形市に引越しをすることになったお客様のお手伝いをさせて頂きました。

お客様は、長年福岡県周辺で警察官としてお勤めされてきた方でした。

 

警察学校の教官として、山形県警察学校に移動になられたとお聞きしました。

定年をまじかに控えての県外へ移動は、勤務実績が非常に優秀だからと聞いたことがあります。

 

実際に、お客様にお会いすると背筋がスッと伸びた、真面目を絵に書いたような方でした。

ご家族は、奥様と柴犬が1頭とのことでした。

 

荷物は、1年前に亡くなられたご主人のお母様の遺品がかなりあるため、事前に遺品整理もして欲しいとのご要望です。

基本的に荷物の梱包は奥様がして下さることになりました。

 

引越し当日は、遺品整理と引越し作業の二手に分かれて作業を行いました。

お客様は、ワンちゃんと一緒に飛行機で福岡空港から仙台空港へ移動し、仙台から山形市内までは高速バスで移動されるとのことでした。

 

トラックは、夜18時に出発して翌日11時に山形市に到着しました。

 

官舎では犬が飼えないため、賃貸マンションに住まわれます。

マンションで、管理人さんに挨拶をして、養生シートでエントランスやエレベーターをカバーしてから作業開始です。

遺品整理をしておいたので、久山町のお宅よりも若干狭くなったのに、スッキリと荷物が片付きました。

芋煮、玉こんにゃく、地酒など、美味しいものを食べて新しい土地での新生活をスタートして欲しいと思いました。

 

福岡引越センターのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
お引越しをご検討の折には、是非、当社へ見積もり依頼されますよう、お願いいたします。

福岡のチラシ・ホームページ制作・広告・集客|福岡広告