【博多区から新潟への引越し】引越しシーズンでもお得に引越しも可能です

福岡引越センターの柿坂です。

 

お客様の声をご紹介させていたただきます。

 

今回は、武田鉄矢さんなど大物タレントを輩出している博多区から、没後20年以上経っても語り継がれる伝説の政治家田中角栄の出身地新潟へお引越しをされるフレッシュマンのお引越しです。

ご依頼下さったのは、薬学部を卒業されたばかりの女性です。

地元である新潟で就職が決まったということで、引越しのお手伝いをさせて頂きました。

 

地元に帰っても、実家に頼らずアパートで一人暮らしをされるため、今まで使っていた家電や家具はそのまま持って行かれます。

研修がすぐに始まるため、急ぐ必要があったそうですが、引越しシーズンのため博多から新潟まで荷物を運んで欲しいと業者に問い合わせをしても、予定が詰まっているか値段が法外に高いかで困っていたそうです。

 

荷物は、ご自分でほぼ梱包が済んでいるため、せつやくコースでのご契約となりました。

引越し作業は、費用が安くなる午後14時から開始となりました。

 

天候にも恵まれ2時間程で、荷物の積み込みが完了しました。

お客様は、先に飛行機で新潟へ移動し、ご実家で休憩してから一人暮らしを始めるアパートに来て下さる予定です。

 

トラックは、夜19時に出発し北陸自動車道と山陽自動車道を通り翌日の午前9時に新潟に到着しました。

洗濯機や冷蔵庫を設置する際に、「これを下に敷きたいのですが」と、耐震ジェルマットを見せてくれました。

これがあると、下の階に音が響かないですし、床が傷付かないんですよね。

 

作業は、2時間程で無事に完了しました。

 

米どころ新潟で、頑張って欲しいと思いました。
福岡引越センターのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
お引越しをご検討の折には、是非、当社へ見積もり依頼されますよう、お願いいたします。

福岡のチラシ・ホームページ制作・広告・集客|福岡広告