健康は口内ケアから

歯周炎の原因とは、どのようなことが原因となるかご存知ですか?

 

口腔内には、細菌がたくさん常駐しています。

普段は何もしないでじっとしていますが、バランスが崩れると歯周病菌などの悪い菌が増殖します。

 

歯周炎は、歯周ポケットに少しずつ歯垢が溜まることによって起こります。
歯周ポケットに付着した歯垢の上に積み重なるように歯垢が付着していくと、歯茎にダメージを与えて赤く炎症を起こし、歯周炎の原因になるのです。

 

歯垢が付着して、歯周ポケットがどんどん深くなると、炎症が悪化して歯茎が腫れたり、出血が見られるようになります。

歯周菌は、酸素の少ないところに行きたがるため、歯周ポケットの奥へ奥へと入り込もうとします。

歯周ポケットが深くなってしまうと、歯周病菌の巣窟となり歯周病の原因となってしまいます。

 

また、歯周炎を放置していると、歯根や歯槽骨に膿が溜まるなどの症状によって、口臭が臭くなるといった症状も起こります。

 

歯周炎の原因とは、歯磨きが不十分だったり、磨くのを怠けているからだけではありません。
トレポネーマなどの強い菌に感染することで歯周炎から歯周病になるのです。

歯周炎を改善するためには、歯間ブラシや歯ブラシを使って、歯の裏やブラシの届きにくい奥歯までしっかり磨くことが大切す。

 

しかし、歯磨きは一時的なことで終わってしまうケースが多いのが現状です。

現実的に、朝の忙しい時間などに歯磨きに時間をかけることは難しいものです。

家庭での歯磨きを頑張っても、口腔内に歯周病菌が存在する限り、歯周病菌が根絶する可能性は低く、寧ろ悪化してしまうことが多いのです。

 

歯周炎を放置していると、歯周病に移行して歯を失い入れ歯やインプラントを作らなければならなくなります。

歯周炎の症状を改善するためには、定期的に歯医者で検診を受けることが大切です。

歯医者では、普段の歯ブラシでは取り除くことができない歯垢を取り除いたり、正しいブラッシング方法の指導などを受けることができます。

 

ストレスや生活習慣の乱れも歯周炎の原因とは、無縁ではありません。

疲れて、歯磨きが疎かになってしまったり、間食が多く口の中が酸性になっている時間が多かったり、喫煙によって口腔内が乾いた状態になっていたりといったことでも歯周炎を招いてしまいます。

 

歯周炎は、気付いた時には悪化して歯周病の一歩手前になっている場合が多いので、普段から歯が悪くなっていなくても歯医者に通う習慣を身に付けましょう。

広告 福岡