引っ越しの仕事は電話対応が要

引っ越しの仕事は、テレアポの仕事が上手くいかないと売り上げに繋がりません。

まず、対応の上手いオペレーターは、人の話を遮りません。

相手の語尾に言葉を被せるような話し方は、話している内容がいくら正しくても相手の方を不快にさせてしまいます。

対応の上手いオペレーターは、お客様が話し終わった後、一呼吸置いてから話し始めます。

 

一方、対応が下手なオペレーターは、相手の話が終わる前に話し始めます。

話を被せるという行為は、クレームに繋がりやすくなります。

オペレーターは、問い合わせてくるお客様の悩みに耳を傾け解決するための提案をするのが仕事です。

オペレーターの仕事は、入電件数を稼ぐために、電話を手短にし早く切ることではありません。

 

そして、対応の上手いオペレーターは、相手のペースに合わせて話すことができます。

例えば、電話口の相手が高齢者だった場合、早口で説明してしまうと聞き取れない可能性があるので、ゆっくり喋る必要があります。

逆に、時間がなくて急いでいるお客様からの問い合わせに対しては、お客様のペースに合わせたスピードで話します。

このように、電話口の相手によって話す速度を合わせることができるオペレーターは、クレームになりにくいのです。

 

また、対応が上手なオペレーターは、「はい、はい」と同じ相槌を繰り返すだけでなく「はい、ええ、仰る通りです」等相槌のバリエーションが豊富です。

言葉に抑揚を付けて相槌を打つため、相槌だけで相手に「ちゃんと聞いていますよ」と伝えることができます。

 

更に、対応の上手いオペレーターは、保留回数が少ないです。

これは、マニュアルが頭に入っているため、クレームを未然に防ぐことができるからです。

 

逆に保留回数が多かったり、長かったりするとお客様に不安にさせたり、イライラさせてしまいます。

「少々お待ちください」と言っていきなり保留にしてしまうのもNGです。

保留にする時は、必ず「一旦保留にさせて頂いてもよろしいでしょうか」とお客様の了承を得るのがマナーです。

 

お客様とお話する時は、馴れ馴れしい話し方はしないように気を付ける必要があります。

間違っても相槌で馴れ馴れしく「うん、うん」とは言いません。

普段から正しい敬語を使うことで、クレームになりにくいという効果があります。

 

これらのことは、社会人の常識とも言えることですね。

オペレーターの仕事は、お客様の悩みを解決することです。

そして、正確にお客様の要望を汲み取ることです。

広告 福岡