思い込みに囚われない

皆さんは「あれをしなければ」とか「こうあるべきだ」等の思い込みや義務感にがんじがらめになって日々を過ごしていませんか。

思い込みを手放すことによって、ストレスのない自分らしい生き方ができたら素晴らしいですよね。

 

人生が上手くいかない原因の殆どが、思い込みだと言われています。

思い込みがブレーキとなり、何をやっても上手くいかないのです。

ブレーキが多くありそれが強い存在となっていると、アクセルをかけても前に進むことができず、空回りしてしまいます。

そうなると、時間もコストもエネルギーを無駄に消費しどんどん状況は悪化。

 

実は、世の中で事実と言われるものは1割程度しかありません。

自分の思い込みがどれだけあるのか書き出していくと、自分がどれだけ思い込みに左右されているかが分かります。

例えば、購入した株が下がっても「しばらくしたら上がってくる筈だ」と思い込んで何年も塩漬けになっている株を保有している人の場合は、事実から目をそらし損切して損をすることから逃れようとしています。

 

しかし、思い込みという物は自分で認識することが難しいものです。

思い込みは、常識や規則などの刷り込みによってどんどん悪い解釈になってしまいます。

 

物事の考え方、捉え方を変えることができれば、自分が普段多くの思い込みに囚われていたかが分かるでしょう。

「自分は〇〇さんよりも仕事ができない」といった思い込みは、確実に自分にとってマイナスな思い込みです。

仕事ができないと嘆く前に、どうしたら仕事ができるようになるか自分と向き合うことが重要です。

 

自分のことになると自分を冷静に見ることができないのが、人間ですがネガティブな思い込みが多くなり増えていくと損をしてしまいます。

 

人の役に立ちたい、世の中の役に立ちたいと考えている人は、ネガティブな思い込みに陥りにくいという研究結果が出ています。

人や社会のために役に立ちたいと考えることができている人は、自分の問題に対して左右されず正しい判断ができるのです。

 

良いことをすると自分に返ってくるとか、悪いことをするをすると自分に返ってくると昔からよく言われていますが、日頃の行いは必ず自分に返ってきます。

強いては、社会にも返ってくるのです。

社会との繋がりを持っていることで、自分の限界を認識し自分を客観視することできている人は、自然と前向きに生きることができます。

一人で生きている人は誰もいません。

思い込みに囚われず、どうしたら人の役に立てるかを考えてみませんか。

広告 福岡