判断力と経営理念の重要性

経営において最も重要なものが判断力です。判断力が良ければ、会社の業績が上がり人も付いてきます。経営者は、現在だけでなく未来のことも判断しながら経営していかなければなりません。判断力は、未来の企業の存亡、価値の在り方を左右する重要なスキルなので、経営者は責任の認識を理解する必要があります。

 

役割や責任が明確に認識されていると経営感覚が磨かれ、問題が発生したり、意思決定が必要になった時に適切な判断能力を発揮することができるのです。

よく、経営者は作業するのではなく仕事をしなさい。仕事ではなく経営をしなさい、と言われます。

 

・判断力を駆使して経営資源の最大活用をして経営すること
・意思決定に基づいて計画・実行・評価・改善のサークルを潤滑にし結果を作る
・作業をより効果的・効率的に実行する

 

以上のことが経営者には必要となってきます。

 

しかし、意思決定自体は、誰にでもできます。重要なのは、どのような判断による問題解決なのか、判断基準をどこに置いた意思決定なのか、ということが重要となります。先行者利益という言葉が示すように、スピーディーな判断力が利益を生み出すのです。即ち、失敗するというリスクを恐れないことが重要となります。但し、失敗を恐れずに判断を下していくためには、知識と経験の積み重ねも重要です。

 

また、判断したら行動に移すことも大切です。すぐに行動に移し、間違っていたら方向転換すればいいのです。判断した結果が良ければ、自信に繋がり従業員も付いて来てくれます。

 

どのような経営者も、利益を追求するだけのために事業を始めた訳ではありません。事業を通じてお客様や従業員に思いを伝えたいと思っていたはずです。そのような経営者の思いや経営者の姿勢、企業の社会的役割、責任を経営理念と言います。

 

同じ業種であっても社長のこだわりによって、経営理念は大きく変わってきます。経営者は、従業員に対して仕事を通じて経営理念を伝えることを最も大切にしています。

 

・経営の方向性を明確にさせることで、企業の意味や仕事内容が明確になる。

・社是、社訓、社歌、スローガンなどで具体化させ、従業員が常に言ったり見たりすることで、組織に一体感がでます。

・企業イメージが明確になる

 

経営理念には、このようなメリットがあります。経営を続けるためには、成果を出し続けることが必要となります。経営者の判断力と共に経営理念を明確にしていくこで、将来像や目標が見えてくるのです。

福岡のチラシ・ホームページ制作・広告・集客|福岡広告