人生を好転させるために潜在意識を変える

毎日頑張っているのに状況が変わらない、どうして辛いままなのだろう。

このように人は、身動きが取れない状況に陥ると、戸惑いジタバタして思考が停止し立ちすくみます。

大抵は、他人や境遇、環境を責めたり、自分を責めることも。

もし、自分の生活や仕事で同じ不満が何年も続いていて、いくら考えたり行動しても状況が変わっていないとすれば、視点を外から内へ向ける必要があります。

 

無意識の行動は、潜在意識を変えないと、生き方を変えることはできません。

人生の鍵は潜在意識にあります。

人は問題が起こる度、目に見える現実に原因を探し解決方法を見出そうとします。

立ちはだかった大きな壁に、出口への光は望めません。

問題は、自分の潜在意識の中にあるからです。

 

日々の行動の95%は、無意識によるもので、意識的に行動しているのは、約5%だと言われています。

歌いながら運転する、テレビに夢中になっていてもご飯を食べる、泥酔しても帰宅できるなどの行動は、潜在意識が行動をコントロールしているからです。

95%の潜在意識による行動が、人生に大きな影響を及ぼしているのです。

 

思い込みの性質には、ポジティブな性質とネガティブな性質があります。

ポジティブな思い込みは、自動操縦で好ましい現実へと誘導してくれます。

しかし、ネガティブな思い込みは辛い現実へと誘導します。

 

その原因は、性格や能力、努力不足にあるのではなく、ネガティブな思い込みにあると疑ってみましょう。

潜在意識は、身の回りの環境から知らず知らずのうちに刷り込まれていきます。

 

まずは、潜在意識を変える方法として、繰り返し脳に入れたい情報をインプットしていくという方法があります。

自分で掲げた目標などを声に出して言ってみたり、紙に書いて目の付くところに貼ることで、いい意味で自己暗示にかかり潜在意識を変えていくことができます。

 

他にも、意識的に新しい行動を起こし変化させていくという方法もあります。

笑顔を作るのが苦手な場合に、意識して笑顔で人と接するようにするなど、なりたい自分や状況に合わせ、新しい行動や習慣を身に着けていくのです。

 

初めのうちは、自分の気持ちと葛藤したり、疑心暗鬼に陥りますが、長期スパンで何度も繰り返すことで潜在意識を変えることができます。

 

思い込みは、潜在意識の中から取り除いたり、変えることができます。

ポジティブな思い込みが増えるにつれ、無意識の内容が好ましいものに変わり人生が好転していきます。

福岡のチラシ・ホームページ制作・広告・集客|福岡広告