気ままで可愛い!猫を飼う前に知っておきたいこと

空前の猫ブームといわれるこの数年、テレビやネットには可愛い猫動画やグッズがあふれています。
自分も猫と暮らして、家族に迎えたいと願う方は多いのではないでしょうか?

 

この記事では、愛すべき猫との生活の魅力や、飼うにあたっての心構えをご紹介したいと思います。

 

猫との生活の素晴らしさ


猫と共に暮らすと、その生活の素晴らしさに感動を覚えるでしょう。

 

猫は媚びません。
毎日を自分らしく、自由闊達に過ごします。
わがままなところもあるけれど、あなただけを頼りに生きる小さな生き物、それが猫です。

 

ご夫婦だけの家庭にも、お子さんのいる家庭にも、一人暮らしの方にもそれぞれ等しく心の豊かさを与えてくれます。

 

猫にも個性がある

 

人間に性格があるように、猫にもそれぞれ性格があります。
毛色によって大まかな分類が出来るという説もあります。
茶トラはやんちゃで人懐こい、サビは頭が良く飼い主を立てる、黒猫は気ままでフリーダム……などです。

 

また、人間と同じく仔猫の時の性質と大きくなってからのそれが一致するわけではありません。
おとなしい子のほうが飼いやすそうだと選んだ猫が、大人になって暴れん坊になることも珍しくありません。
同じ環境で飼っていても大きな個体差が出るということは覚えておくべきでしょう。

 

20年以上面倒を見る覚悟を持つ

 

猫を家族に迎えたら、最後まで必ずお世話をしましょう。
現代猫は医学の発達もあり、20年生きることも珍しくありません。

年を取った猫は人間と同じように、介護が必要になることもあります。

 

また、猫を飼うと年に一度のワクチン、定期検診、爪切りや肛門腺絞りなどの経済的負担も続きます。

動物健康保険などを利用して、猫の医療費を確保しましょう。

 

先にもご紹介したように、飼い猫は人間を頼りにして生きています。
買う前に猫の生態や必要なケアを家族全員で勉強し、最後まで面倒を見る覚悟があるか意思確認をしましょう。

 

猫をお迎えしたことで人生が変わったという人はたくさんいます。
毎日出迎えてくれるだけで幸せで、どんな動画の猫よりも自分の猫が一番可愛いと断言する人も珍しくありません。

 

とはいえ、猫は独立した個性を持つ生き物です。

一生責任を持つという覚悟を持ってお迎えしたいですね。

広告 福岡