【宮若市から滋賀県大津市への引越し】引越し先の実家の不要な家具や家電も引き取ります

福岡引越センターの柿坂です。

 

お客様の声をご紹介させていたただきます。

 

脇田温泉で有名な宮若市の小学校の教員をされている男性が、男性の地元滋賀県の教員試験に合格されたということで、琵琶湖で有名な大津市へのお引越しのご依頼を承りました。お引越しは、3月下旬でした。

 

ご家族は、奥様と幼稚園に通うお嬢様の3人家族です。地元にいるご両親が、病気がちなので同居をしてサポートしたいと仰っていました。

 

家具や家電は、そのまま持って行き、ご実家で使用されている古い家具や家電を処分して欲しいとのご要望もございました。梱包は、奥様が時間に余裕があるため、段ボールだけ用意して欲しいということでした。

 

引越し当日は、朝早い時間にもかかわらず、小学校で受け待ちされていた生徒さん達が、大勢お見送りに来て賑やかでした。最後に受け持たれていた生徒さんは、小学校を卒業して中学に入学するそうです。

 

お客様は、飛行機が苦手ということで、車で移動となりました。トラックに積みきれなかった荷物をバンに積んで、午前10時に出発しました。

 

途中、宮島SAなどで休憩を取り、無事に夜19時に大津市に到着しました。荷物を搬入する前に、ご実家で不要になられた家具や家電を運び出します。

 

作業が終わったのは、夜8時半頃でした。

 

新学期が始まる前に、ご家族でゆっくり皇子山総合運動公園でお花見を楽しんで欲しいと思いました。帰りは、「気を付けて運転して下さいね」と、熱いコーヒーを持参していたポットに入れるお気遣いをして下さって有難かったです。

 

福岡引越センターのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。お引越しをご検討の折には、是非、当社へ見積もり依頼されますよう、お願いいたします。

福岡のチラシ・ホームページ制作・広告・集客|福岡広告