【宮若市で遺品整理】見積もりも作業当日の立ち会いも不要です

福岡引越センター遺品整理の柿坂です。

宮若市で遺品整理を承った方からお客様の声をいただきましたのでご紹介いたします。

 

 

----- ここから -----

 

同じアパートに住んで大家をしていた父が亡くなった際、建物の老朽化に伴いアパートを建て替えることに。

解体する日も決まったので、早急に部屋の中を片付けなければなりませんでした。

残された家族は、娘の私以外は全員遠方に住んでいます。

私は、父と同じ宮若市内に住んでいますが、出産したばかりだったので、身動きがとれない状態です。

 

処分できない物があったらどうしよう...。

見積もりしてもらっても後から追加で何か請求されないか心配。

等々、福岡引越センターさんに辿り着くまでは、不安要素が山ほどありました。

 

建て壊しとなるため、木製の家具で使わない物は、そのまま置いておけることになり、布団、絨毯、食器類、キッチン用品、生活用品、生活ゴミなどの片付けと貴重品の捜索となる旨を電話で伝えると、すぐに空いてる日や費用について教えてくれました。

親身になって話を聞いてくれる業者は多いですが、反応が早くこちらの要望を察知してくれる業者は中々いませんので、信頼できると思い契約に至りました。

 

小さな子供がいるので、立ち会いが難しいと言うと「見積もりも作業当日の立ち会いも不要です」とのこと。

当日は、スタートからラストまで立ち会いはできませんが、最後の1時間程立ち会わせて頂きました。

 

遺品作業で、スタッフさんが台所の棚の奥に入っていた梅酒とらっきょう漬けを発見してくれて、ちょっと嬉しかったですね。

それから、父が趣味で集めていたレコードは、殆どが演歌で誰も欲しがらないものばかりだったので、買取を含め処分してもらいました。

通帳や宝飾品などの貴重品は、箱に除けておいてもらったのですが、探していた金庫の鍵があったので助かりました。

金庫を業者に開錠又は破壊してもらうには別途費用がかかりますので、鍵が見つかって良かったです。

 

冷蔵庫に入っていた食品がそのままになっていたので、かなり異臭もしていたと思いますが、片付けをして冷蔵庫を処分して頂くなど、細部に渡るまでしっかりと作業して頂けました。

また、ご近所の迷惑にならないように静かに作業するなどの配慮もして下さったので、後からご近所さんに「全然うるさくなかったよ」と言われホッとしました。

 

残された家族にとっては、どれも大切な物ばかりなので、どれを残してどれを処分するかは中々決められません。

家族の代わりに親身になって遺品整理をして下さる業者さんがいなかったらいつまで経っても片づけられなかったと思います。

広告 福岡