【母の生前整理】施設に入居が決まったので賃貸物件の生前整理をすることに

母と連絡が取れなくなって、母が一人暮らしをしている賃貸マンションに様子を見に行くと母が自宅で倒れていました。

そのまま病院に入ってもらって自宅に戻れなくなり、施設に入ることなりました。

 

残念ですが、マンションに母が戻ってくることができなくなったので、遺品整理をすることに。

正確には、生前整理ですが、父の遺品も相当数あり整理する必要がありました。

兄弟は、妹の私と兄の二人兄妹ですが、兄は東京に住んでいるため、遺品整理をしに来てと頼むことは難しい状況です。

いずれにしても賃貸物件なので、なるべく早く退去する必要がありました。

 

兄に相談すると「業者を頼めば」と言うので私も夫の父の介護があるので、業者を頼むことに賛成しました。

何社か問い合わせをしてその中で一番安くしますよ、と言ってくれた業者もありましたが、福岡引越センターさんは電話対応が凄く良かったですね。

返答内容の確かさ、反応の速さ、親身な口調など全てが良かったのは福岡引越センターさんだけでした。

 

見積もりでは、少しでも買取できるものを査定してもらって、費用を抑えるように提案して下さったのでよかったです。

なるべく費用を抑えるように親身になって考えて、提案されていたと思います。

 

作業当日、スタッフの方は床に正座をしながら1点1点品物を確認し、処分するものとそうでない物とに仕分けしてくれました。

作業は、もっと雑な感じなのかと思っていたので驚きました。

お陰で、貴重品を間違って捨てずに済みました。

 

それでいて、身内だと躊躇して捨てられないような物については「捨てましょう」と提案してくれたり「迷っているのであれば除けておきましょう」と提案しながら作業をすすめてくれたので、嬉しかったです。

作業も無事に1日で終わり、管理会社に明け渡すことができました。

 

また、費用が見積もり以上になることもなく、クレジットカード払いができたため、費用の面でもとても良かったです。

 

今回遺品整理をお願いしたことで、夫の母が生前整理をしたいと言ってくれました。

生きているうちは、死んだ後の自分の持ち物のことなんか考えもしませんが、遺品整理をする遺族の身になると大変なことだと気が付いたようです。

 

義理の母に「生前整理なんてまだ、早いですよ」と言ってはみたものの、心の中では「助かります」という気持ちの方が強かったですね。

身内だけだと中々進まない遺品整理も、プロに依頼すると、短時間で作業が終わるところも良かったと思います。

福岡のチラシ・ホームページ制作・広告・集客|福岡広告