【筑紫野市で遺品整理】見積もりに立ち会わなくても良く、対応が丁寧でした

1年前、筑紫野市で一人暮らしをしていた叔父の携帯に何回かけても繋がらないので、大家さんに連絡をして鍵を開けてもらうと、叔父はマンションで孤独死をしていました。

死後、5日経っていたとのこと。

身寄りのない叔父が一人暮らしをしていたマンションへは、すぐに行きたかったのですが、私が東京で働いていることもあって身動きが取れない状況でした。

 

福岡引越センターは、見積もり時に立ち会いができなくてもOKということだったことと、対応が丁寧だったことなどから契約させて頂きました。

それに、作業員の方は遺品整理士の資格を持っていると聞いたので、真面目に取り組んで下さるのでは、と思ったんです。

 

見積もり後、担当者から連絡が来て、電話による報告がありました。

室内には、料理が好きだった伯父らしく、料理本や調理器具が沢山台所にあったようです。

他にも、服飾デザインの仕事をしていた叔父の部屋には、趣味の良い衣類が何着もあったとのこと。

骨董好きだった伯父が買い集めていた壺や掛け軸、まだ使えそうな家具・家電もあり、そう言った物はリサイクルに出してもらえると案内され、便利だなと思いました。

部屋は、整理整頓されていたとのことですが、物がそれなりに多く一人では片付けらない量だったとのこと。

 

作業当日は、私も筑紫野市に行き立ち合いをしました。

そして作業前に、重要書類を探して欲しいとお願いしておきました。

年金手帳、通帳関係、印鑑などの貴重品です。

無事に、貴重品が見つかり、他にも写真や手紙なども除けておいて下さって有難かったです。

作業員の方は、ゴミとして処分する生前伯父が着ていたパジャマでも、ぼんぼん袋に投げ入れるのではなく、丁寧に畳んだ状態で袋詰めしていました。

ポケットの中もちゃんと確認し、何か大切な物が紛れていないか見てくれるなど、心を込めて作業して下さったので依頼してよかったです。

 

伯父が住んでいたマンションは、誰も住む予定がないので、清掃して売却することにしたので、清掃もお願いました。

運よく、血液や体液などの染みが床に染み込んでいるということはありませんでしたが、古いマンションなのでプロの手で清掃してもらったことで、印象が良くなったと思います。

福岡引越センターさんは、電話やメールでの連絡がスムーズで、最後まで安心してお任せすることができました。

作業員の方が大切に遺品を扱う姿勢も素晴らしく、感謝の気持ちでいっぱいです。

福岡のチラシ・ホームページ制作・広告・集客|福岡広告