【篠栗町で不用品回収】ゴミ屋敷になっていたアパートがきれいさっぱり!

福岡引越センターリユースの柿坂です。

篠栗町で不用品回収をしたお客様より声をいただきましたのでご紹介いたします。

 

----- ここから -----

 

20代の男性会社員です。

1年間、地方に出向している間、アパートを彼女に貸していました。

出向から戻ってくると、アパートは見事なゴミ屋敷に...。

 

初めのうちは「そのうち片付けるよ」と言っていたのが、しばらくすると「これは資源なの、何が悪いの!」と怒って言うことを聞いてくれなくなりました。

一先ず彼女の両親に連絡を取って、彼女を引き取ってもらいその間に部屋を片付けることに。

 

タイミングが悪いことに、私の両親が東京から福岡市に遊びに来るついでに篠栗町のアパートを見に来ると連絡が入ったんです。

そのため、早くゴミを片付ける必要がありました。

閑静な住宅街に建つアパートの2階の玄関を開けると、玄関からリビングまでおびただしいゴミの山ができていました。

1Kの室内が足の踏み場もない状態に、どうしらいいのか困惑するばかりでした。

 

キッチンのシンクにもゴミの山ができており、トイレ、バスルームも隙間なくゴミで埋め尽くされていました。

ゴミの大半は、空のペットボトル、弁当の容器などで、ベッドやソファの上もゴミで覆われた状態でした。

一人ではゴミの片付けに何週間もかかりそうでしたし、部屋の清掃にも時間がかかることが予想考えられたので、業者をお願いすることに。

 

スマホで検索すると、福岡引越センターの評判が良かったのでメールで見積もりを依頼をしました。

感じのいい方から電話で連絡が来て、急な依頼にもかかわらず、即日対応しますと引き受けて下さった時には「頼れる業者でよかった!」と思ったものです。

 

作業当日は、数名の作業員が朝から来て下さって、お昼前までにゴミを全て搬出。

1年振りに見えた床のあちこちには、シミ汚れがあり、壁にはカビが生えていましたが、プロの技できれいにクリーニングしてもらいスッキリ!

これで、両親が部屋を見に来ても大丈夫だとホッと一安心。

ソファやベッドのマットは害虫がいそうなので、不用品として処分してもらうことができたので、自分で処分するよりも楽でしたね。

 

住めるようになるまで、長期間のホテル住いになりそうだと腹を括っていましたが、1日でゴミ屋敷の清掃が完了!

彼女とは結婚したいと思っていましたが、今回のことで別れました。

安易に部屋を彼女に貸した自分も悪い訳ですが、高い勉強代となりました。

しかし、きれいになった部屋で心機一転、前向きな気持ちで一杯です。

後日、両親が部屋を見に来た時も「きれいにしてるじゃない」と褒められました。

広告 福岡