【宗像市で不用品回収】ゴミ屋敷をすぐに片付けてくれました!

宗像市の介護施設で看護師として働いています。

海沿いの自然に恵まれた施設で働けて羨ましい、と友人からよく言われますが実際はストレスが多く毎日イライラした状態で働いています。

仕事のストレス発散のため、家で毎日好きなビールを飲みながらネットショッピングするのが日課となっていました。

 

気が付くと、掃除を殆どしていない部屋にはビールの空き缶が山のように積まれていました。

そして、酔った勢いで購入したお洋服やバッグ、靴、美顔器などが床に散乱して足の踏み場もありませんでした。

因みに、ネットで買った物は宅配ボックスに入れてもらっているので、配達員に家の中を見られてしまう心配がなかったので、玄関も箱に入ったままの靴や脱ぎ捨てられた靴などが溢れていました。

 

歩くと何故か羽毛がフワフワと舞うので「おや?」と足元を見ると穴の開いた羽毛布団が落ちていました。

慌てて、ゴミ袋に羽毛布団を入れて、これ以上羽毛が外に出ないようにしました。

きっと、敷きっぱなしにしている羽毛布団の上を歩いて、側生地が破れてしまったのでしょう。

夜勤明けは、帰ってきて寝るだけだからと、布団を畳まないのが原因でした。

 

ゴミ屋敷を片付けることにしたのは、抜き打ちで実家から母がやって来たからです。

いきなり、玄関のチャイムが鳴るので誰かと思って出たら母がズカズカと入って来て「ゴミ屋敷に住んでるの?」と怒り始めました。

怒った母は、その場で福岡引越センターに電話。

「明日、片付けてくれって」と言うので、「え?電話していきなり予約できるの?」と思いました。

 

「前に、親戚のおじさんが福岡引越センターで遺品整理を頼んだ時もすぐに来てくれたことを覚えていたのよ」と母は得意そうに教えてくれました。

「でも、私明日、仕事なんだけど」と言っても「お母さんが居るから大丈夫よ」と言う始末。

仕方なく、貴重品だけ除けておいて次の日仕事に行きました。

 

その日は、早番で仕事が終わるのが夕方17時過ぎでした。

18時頃マンションに帰ってくると、引越してきたばかりのようなきれいな部屋になっていました。

 

ゴミは全て撤去され、衣類は全てクローゼットに収納。

使わなくなったカラーボックスや古い掃除機は、不用品として処分されていました。

ゴミで塞がっていた窓から夕陽が差し込んだのは何カ月振りだろうか、と驚きました。

きれいになった部屋で、母と一緒に料理をして一緒に食べた晩御飯はとても美味しかったです。

福岡のチラシ・ホームページ制作・広告・集客|福岡広告