【古賀市の不用品回収】お盆休み中でも対応してくれました

「お父さん、何でゴミを拾ってくるの?」

と、問い詰める私に対して父は

「これは資源だからゴミじゃないよ」

と真顔で答えました。

 

娘の私は結婚し、東京に住んでいるため実家には年に1度お盆かお正月に帰省するだけです。

しかし、3年前に母が他界してから、父は散歩の度にゴミを拾ってくるようになりました。

 

最初のうちは、ちょっとだらしない程度だったのですぐに片付けることができました。

父のゴミ収集癖はどんどんエスカレートし、ゴミを捨てようとすると怒ることも。

近所の方からは、異臭がする、火事になったらどうしてくれるのか、等のクレーム電話がかかってくるのですが、父は気にも留めずゴミを拾っていました。

 

このままでは、ご近所の方に迷惑になるばかりか、ゴミの撤去費用もバカになりません。

父を説得し東京のマンションで同居することにすると同時に、古賀市の実家を片付けて更地することにしました。

 

家の天井までびっしりゴミが積み上げられた状態で、一体幾らかかるのか不安でしたが、取り敢えず無料見積もりを複数社に依頼。

反応が良かった業者の中には、連日のように営業電話を掛けてくるところもあり、精神的に疲れてしまうことも。

その点、福岡引越センターさんは、しつこくありませんでした。

 

お盆休みの帰省中に、1日か2日で作業ができるか聞くと「大丈夫ですよ」と仰ってくれたのは福岡引越センターだけだったので、即決で契約しました。

他業者は、お盆休みだから、休み明けになります、というところが多かったですね。

 

作業当日は、大勢のスタッフさんが作業に来て下さって、黙々とゴミを分別しながら片付けてくれました。

袋に入っている明らかにゴミという感じのものでも、中身を改めてからトラックに積んで、何か大事な物が出てきたらすぐに報告してくれたので「信頼できるな」と思いました。

 

山のようにあったゴミは、5時間ほどですっかりなくなり、家の中はきれいになりました。

広い家で一人で住んでいた父がどれほど孤独だったかが分かり、ゴミを拾ってきてしまう気持ちが少し理解できたような気がします。

ご近所方も「片付いて良かったね」と声を掛けてくれたのでホッとしています。

 

築40年以上の戸建てで、かなり老朽化していましたので父一人で暮らすのはもう無理でした。

父は、少し認知症の症状が出てきているので、将来的は土地を売って老人ホームに入れる資金にしようと検討中です。

最後に、片付いた部屋を見ることができて良かったです。

福岡のチラシ・ホームページ制作・広告・集客|福岡広告