【福岡市中央区で不用品回収】小学校の家庭訪問があるため、緊急依頼。ゴミ屋敷もあっという間に片付け!

5年前に離婚をして、小学1年生になる息子と二人で福岡市中央区にある2DKのアパートで暮らしています。

育児や仕事が忙しくて、「取り敢えず置いておこう」と物を片付けず、その辺に置いてしまうことをしていたら室内がゴミ屋敷状態になっていました。

 

ですが、4月から子供が小学校に入学するにあたり、担任の先生が家庭訪問に来ても大丈夫なようにする必要がありました。

自分では、片付けていないだけでゴミ屋敷ではないと思っていましたが、友人が家に遊びに来た時に「子供のためにもちゃんと片付けなさい」と怒られてしまったのがきっかけです。

 

自分で片づけようと思っても仕事から帰ると、晩ご飯の支度や洗濯などに追われ、何もできません。

しかし、子供が小学生になったらお友達が遊びに来る機会もあるでしょう。

家がゴミ屋敷だと知られたら、クラスで息子がいじめられるかもしれません。

何よりも、息子が勉強するためのスペースを確保する必要がありました。

 

スマホでゴミ屋敷業者を検索し問い合わせをたところ、福岡引越センターさんが一番感じが良かったので契約しました。

 

作業当日、テーブルの上にあった半年以上放置した飲みかけのジュースは、中身が醗酵しガスが溜まり破裂寸前でした。

蓋を開けた時に、ポンッと蓋が飛んで変な煙が立ち昇る様子を目にし、とても恥ずかしかったです。

 

しかし、作業員の方は慣れているのか、一々驚くこともなく黙々と作業をすすめていました。

息子の家庭訪問が2日後に迫っていたこともあり、ある程度ゴミ処理が終わったところで、ゴミ処理をするチームと清掃をするチームとに分かれ、作業はさらにスピーディーになりました。

 

部屋が片付くと、カーペットに飲み物をこぼした染みや、台所、風呂場の排水溝詰りに取り掛かることに。

大家さんから、室内に汚れや破損があった場合は、退去時に別途清掃代がかかると言われていたので、ハウスクリーニングで室内の汚れをきれいにしてもらえるのは助かります。

 

不用品の処分も行い、今まで使わないものを押し込めていた和室を息子専用の部屋にして、勉強机も設置することができました。

リビングも来客があっても恥ずかしくない状態に。

これだけの作業を1日で終わらせることができたため、仕事に差し支えることがありませんでした。

 

息子が、「自分の部屋ができた!」と喜んでいる姿を見て、もっと早く部屋を片付けるべきだったと大反省です。

私も、自分の服がきれいに整理されたことで、無駄な買い物をしなくなり良い影響が出ています。

親子で春からいいスタートができたので、福岡引越センターさんに依頼して良かったです。

福岡のチラシ・ホームページ制作・広告・集客|福岡広告