【築上町から鳥取への引越し】家具のサイズにあった梱包材ですっぽり梱包します

福岡引越センターの柿坂です。

 

お客様の声をご紹介させていたただきます。

 

海と山の自然に恵まれた築上町から、砂丘で有名な鳥取県にお引越しをされる航空自衛隊の方のお引越しをお手伝いしました。

 

仕事で、築上町を訪れた時に、青空に舞うF15のスクランブル訓練を見たことがありますが、迫力があってかっこいいですよね。ご依頼頂いた航空自衛隊の男性は、今まで独身寮に住んでいらっしゃいました。鳥取県の美保基地へ移動になったのを機に、お付き合いされていた女性とご結婚し、移転先では官舎住まいをされるそうです。

 

12月下旬に正式な辞令が出て、1月から鳥取で新生活となります。お荷物は、最初に男性の荷物を積み込んで、その次に女性の住んでいるアパートに移動して女性の荷物も積み込みました。築上町から鳥取県までは、6時間以上もかかります。結婚相手の女性は、ご懐妊されたということで、新幹線で移動し、男性はバンに積み込められなかった荷物を積んで、車で移動となりました。

 

引越し当日は、さすが自衛官といった感じで同僚の方が、キビキビと荷物を運び出すお手伝いをして下さいました。鳥取市に到着したのは午後3時過ぎでした。家具などの大型の荷物を運ぶ際は、家具のサイズにあった伸縮自在なジャバラ状の梱包材ですっぽり梱包します。なので、大切な家具に傷が付く心配がありませんし、タンスの中身は入ったままで大丈夫なんです。また、組み立て式のベッドや本棚なども、素早く組み立てて設置します。無事に作業が終わると日が暮れていました。お客様には、富士山のように美しい大山に見守られながら、幸せな結婚生活を送って欲しいと思いました。

 

福岡引越センターのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。お引越しをご検討の折には、是非、当社へ見積もり依頼されますよう、お願いいたします。