福岡市内から山口県への引越し!引越しシーズンでも相乗りプランで柔軟に対応いたします

福岡引越センターの柿坂です。

 

お客様の声をご紹介させていたただきます。

 

今回のお客様は、博多ラーメンや辛子明太子で有名な福岡市内の大学を卒業されて、ふぐで有名な山口県の医薬品メーカーに就職が決まった男性のお引越しをお手伝いさせて頂きました。

 

男性は大学時代、ワンルームのアパートで一人暮らしをしていらっしゃいました。就職先では、会社の独身寮に住む予定とのことで、大学時代に使用されていた家電は廃棄したいとのご要望です。

 

研修が1週間後に始まるそうなのですが、引越しシーズンでどこの業者もすぐに対応できないと断られて困っていらっしゃいました。男性の荷物が比較的少ないということもあり、同じ山口県にお引越しをされる単身者のお客様と一緒に荷物を運ぶ「相乗りプラン」で良ければ、5日後に引越しすることが可能であることを説明し、ご了承頂くことができました。

 

お荷物は、ご自分で梱包できますということでしたが、段ボールを用意している暇がない、と困っていらっしゃいました。無料サービスの、段ボールと梱包用テープをお届けすると「助かります!」と、喜んで頂けました。

 

引越し当日は、作業開始時刻前にお客様が、お一人で荷物を殆ど外に運び出している状態だったので、1時間もかからずに荷物を積み込むことができました。午前10時過ぎに出発して、目的地の山口県まで約2時間かかりました。大きな荷物は、机と椅子くらいだったので、すぐにお部屋に荷物を運ぶことができました。寮の周辺は、長閑な山間部でお仕事に集中できそうな環境でした。

 

福岡引越センターのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

お引越しをご検討の折には、是非、当社へ見積もり依頼されますよう、お願いいたします。