幸せを運ぶ福岡引越センターで飯塚市から長崎市までのお引越し!

公務員の方は、辞令が出ても引っ越し先の官舎が空かないと、引っ越しする日程も決められないので大変だとお聞きしたことがあります。
 
今回、ご依頼下さったお客様は、陸上自衛隊(飯塚駐屯地)に勤務されている方でした。
 
炭鉱で栄え銘菓ひよこの創業地として有名な飯塚市から三大夜景、世界遺産として有名な長崎市へのお引越しです。
 
お客様は、長崎市のご実家で10年ぶりに暮らせるということで、嬉しそうでした。
 
お子様の夏休みが終わるまでに引っ越しを済ませて、新学期に備えたいそうです。
 
ご実家は、農業をされているので、積み込みきれない荷物は、ご実家の軽トラックで運ぶそうです。
 
荷造りは、奥様と小学生のお子様で行うということでした。
 
プランは、積み切りプランにして、フリータイム特割プランを利用したいとのご要望です。
 
引っ越しは、ご主人が有給を取って平日の14時から行うことになりました。
 
また、今まで使用してきた冷蔵庫、洗濯機などの家電は処分して荷物を減らしたいとのご要望です。
 
当日は、荷物の搬入と搬出のみで、ご実家へ荷物を運ぶ際も、親戚の方が駆けつけて大勢で搬入したのであっという間に終わりました。
 
残り少ない夏休みをご家族で、出島を散策するのもいいですね。