福岡引越センターで「運を引き寄せる②」座右の言葉をご紹介

いつもご利用ありがとうございます。

私達、福岡引越センターです。

 

 

誰しも聞きたい言葉があると思います。

その言葉を生きる源にされている方もいらっしゃいます。

 

 

それでは、私達が大好きな座右の言葉をご紹介させていただきます。

一つでも心に残る言葉があったら、私達は幸せに存じます。

 

 

皆様の幸せを心より願いつつ、転居先でも頑張ってください!!

応援しています!!

 

 

 

 

私は大いに運を信じている。

そして懸命に働けば働くほど運が増すことを知っている。

トーマス・ジェファーソン(第3代アメリカ合衆国大統領)

 

運はただぼんやりと待っているだけではやってこない。

 

人生を成功へと導くためには、自らが運をたぐり寄せる必要がある。

 

「懸命に働くこと」も、幸運をたぐり寄せる方法のひとつでもある。

 

アメリカ独立宣言の起草者の一人であり、第3代アメリカ合衆国大統領にまでなったトーマス・ジェファーソンは、誰よりもそのことを知っていたに違いない。

 

 

~ブログ担当者(カウボーイ)よりコメント~

働くほど経験値が増し知識が増えるので、アイデアに気付き、運を増す事ができるんだと思います。

 

人にやらせるのではなく、オーナー自らその仕事をしてみてください。 

 

「あっ!」と思うひらめきに出会えるはずですよ。

 

頑張ってください!!

 

 

 

 

私は辛抱することによって、不運をまぬかれているのだ。

他人と争わざるを得ないときはいつも、私は相手がくたびれるのを待つことにしている。

ジェイ・グールド(アメリカの投機家)

 

将棋にはじっくりと自陣の守りを固めてから勝負に出る「持久戦」という戦法がある。

 

また、サッカーの試合でもディフェンスラインを下げて相手の攻め疲れを狙うというのも立派な戦術の一つでもある。

 

風向きが悪いと感じたら何も焦ることはない。

 

相手が消耗するのを待つというのもある意味積極的な戦術というわけだ。

 

 

~ブログ担当者(カウボーイ)よりコメント~

「待つ」という手段も効果的な方法だと思います。

 

待ちながら戦略も立てられるし、ひらめきや発想にも気づきやすい。

 

それに、無駄に血を流さずに済みます。 

 

 

 

 

思うに幸運というのは、1日に24時間、1週間に7日、仕事に没頭する人々の上にだけ降ってくるのである。

アーマンド・ハマー(アメリカの大富豪・美術品収集家)

 

実業家でありながら美術品コレクターとしても知られるアーマンド・ハマーは92歳でこの世を去ったが、その死の直前まで世界中をまたにかけて働いていた人物である。

 

オンとオフの切り替えが必要だという考え方もあるが、1日24時間、持てる能力をフルに使って仕事と格闘し続けることで見えるものもあるのである。

 

 

~ブログ担当者(カウボーイ)よりコメント~

確かに解ります。

 

自ら仕事をすることで、仕事中にその物事の本質などが見えてくるので、さらなる成功への扉を開くことができるのだと思います。

 

頑張ってください!!

 

 

 

 

一番乗りは牡蠣を得るが、2番目の人は、貝殻しか得られない。

アンドリュー・カーネギー(アメリカの鉄鋼王)

 

世の中は早い者勝ちだ。

 

先行者利益を得るには、二番煎じでは意味がない。

 

しかも、とカーネギーは続ける。

 

「一番確実な方法は、エネルギーのすべてを、特定の分野に注ぎ込むやり方だ」。

 

未知の分野に誰よりも早く参入し、全力を投じることで、その分野の第一人者になれるというわけだ。

 

 

~ブログ担当者(カウボーイ)よりコメント~

これで行けると思ったら、それに特化し、他の者から真似されても、突き進むことで、相手との差をつけることができます。

 

自分達でしかできないことを、自信を持ってやるべきだと思います。

 

頑張ってください!!

 

 

 

 

この世は井戸のツルベのよう、一ぱい入ればやがてカラ、カラッポのほうは一ぱいに。

ユダヤのことわざ

 

桶が2つぶら下がった井戸のつるべを見たことがあるだろうか。

 

片方の桶で水を引き上げて空っぽにすると、もう片方は井戸の中に落ちていって水を満たす。

 

世の中もそれと同じで、運は誰にも順番に回ってくるのである。

 

 

~ブログ担当者(カウボーイ)よりコメント~

私の体験からも言えますが、運やチャンスが巡ってきます。

 

但し、それが巡ってきたときに、その準備ができているか否か・それに気付けるか否かが、一番重要だと思います。

 

頑張ってください!!

 

 

 

 

それ自体の不幸なんてない。

自ら不幸と思うから不幸になるのだ。

ミハイル・アルツィバーシェフ『サーニン』(ロシアの作家)

 

アルツィバーシェフは19~20世紀にかけて活躍したロシアの作家で、これは彼の代表的作品『サーニン』に登場する言葉である。

 

コップの水を半分飲んで「まだ半分ある」と思う人もいれば、「もう半分しかない」と嘆く人もいる。

 

このように同じ経験をしても人によって感じ方は様々だ。

 

つまり、すべては本人の気の持ちようなのである。

 

何事も前向きに考えれば、不幸は遠ざかっていく。

 

 

~ブログ担当者(カウボーイ)よりコメント~

そうですね。

 

気楽に、楽しく、前向きに考えて、前進していきましょう。

 

頑張ってください!!

 

 

 

 

人生は石材なり。

これに神の姿を彫刻するも悪魔の姿を彫刻するも、各人の自由である。

エドマンド・スペンサー(イングランドの詩人)

 

人生にどんな像を彫刻するかは本人次第だ。

 

何が起きても、それは神の仕業ではなく自分の責任で考える。

 

運命は自分の手にあるということだ。

 

中国の文学者・林語堂も「私達の人生は神の手に委ねられているのではなく料理する人間に委ねられている」と語っている。

 

 

~ブログ担当者(カウボーイ)よりコメント~

私もそう思います。

 

人生は選択の積み重ねだと思います。

 

それを選んでいるのは自分です。

 

自分で選んでいるのだから、自己責任でいいと思います。

 

責任は重いですが、自分で進んでいくことはできます。

 

あまり後悔しないように、一生懸命、自分の人生を楽しんでください。

 

頑張ってください!!

 

 

 

 

機会は魚群と同じだ。

はまったからといって網をつくろうとするのでは間に合わぬ。

岩崎弥太郎(三菱財閥創業者)

 

チャンスを次々とものにして出世街道を駆け上がる人を見て、「あの人はどうしてチャンスが巡ってくるのがわかるのだろう」とうらやましく思っている人もいるだろう。

 

しかし、彼らにしてもチャンスがいつどこからやってくるのか見えているわけではない。

 

ただ、そのときを逃さないように日頃から準備し、アンテナを張り巡らせているのである。

 

 

~ブログ担当者(カウボーイ)よりコメント~

私も先ほど、お話したようなことが書かれていますね。

 

「準備」と「アンテナ」はいつも意識しておいたほうがいいですね。

 

頑張ってください!!

 

 

 

 

人間は運命に対して無駄な抵抗をする。

アンリ・レニエ(フランスの詩人・作家)

 

強い引き波のことを「離岸流」という。

 

これに巻き込まれた人は、たいてい波に逆らって岸に戻ろうとするが、そうするとますます沖へ流されてします。

 

この場合は無理に戻ろうとせず、岸と平行に泳いで引き波から逃れるしかない。

 

フランスの詩人の言葉のように運命にあらがうことが無駄なのであれば、離岸流から逃れるかのごとく、別のルートを模索するのも一案だろう。

 

 

~ブログ担当者(カウボーイ)よりコメント~

自分に合わない仕事を続けるより、自分に合って自分の好きな仕事をしたほうが将来的に幸せだったと思えると思います。

 

選ぶのは自分です。

 

選んでいくのは大変でしょうが、頑張ってください!!

 

 

 

 

どんな小さなことも人間の運命を決定づけてしまう事柄に関わるかもしれないし、「つまらないこと」のなかにこそ神からの贈り物が隠されていることがある。

アンドリュー・カーネギー(アメリカの鉄鋼王)

 

自分がやりたい仕事ではないと、つまらないと感じてしまう。

 

しかし、つまらないことをやっているときこそ新しい発見ができるチャンスである。

 

それで結果が出れば周囲の評価も上がるはずだ。

 

要は気の持ち方次第だということである。

 

転職を繰り返したカーネギーはその一つひとつを絶好のチャンスと捉えてステップアップしている。

 

 

~ブログ担当者(カウボーイ)よりコメント~

転職は考えようによっては、ステップアップできる環境です。

 

偵察だと思って、楽しんでみてください。

 

転職を繰り返した結果、いい方面に進むケースもあります。

 

頑張ってください!!

 

 

 

 

チャンスのドアをノックしていても、ほとんどの人が気付かないのは、チャンスがたいてい作業服を着ていて、骨の折れる仕事のように見えるからだ。

トーマス・エジソン(アメリカの発明家)

 

人は選択を迫られると、つい楽で簡単に見えるほうを選んでしまいがちだ。

 

だが、多数がこぞって選ぶものにチャンスなどあるはずがない。

 

「骨の折れる仕事のように見える」からといって避けていては、チャンスも一緒に逃げていってしまうのだ。

 

 

~ブログ担当者(カウボーイ)よりコメント~

皆が嫌がる仕事をチャンスと捉え、観察しておくといいと思います。

 

それを商売にすることも可能です。

 

頑張ってください!!

 

 

 

 

人生が自分に配ったカードは、ただ受け入れるしかない。

しかし、手元に来たカードの使い方を決め、勝機をつかむのは自分自身である。

ヴォルテール(フランスの哲学者)

 

人は与えられた運命をただ受け入れることしかできない。

 

だが、どのような態度で受け入れるかによって、その後の人生を変えることができる。

 

辛い運命をただ「不幸だ」と嘆いているだけでは事態は何も変わらない。

 

その運命をあえて正面から引き受け、乗り越えていこうとする態度にこそ、その後の人生を変える勝機が隠されている。

 

~ブログ担当者(カウボーイ)よりコメント~

何事からも逃げてはいけないということですね。

 

どうしても逃げ出したいときは、何も考えずに、休息をとってリフレッシュしてください。

 

リフレッシュしたあとは、乗り越えようとする意欲を取り戻せます。

 

頑張ってください!!